ブログ布留川のほとりから

蹴鞠 その4

2020年07月01日 (水)

日本の蹴鞠に関連して、3回にわたって述べてきました。 蹴鞠が美しい装束を身につけた優雅な貴族の「単なる遊び」という印象を与えたのなら本意ではありません。   蹴鞠は 右足のつま先のみを使う 3足で相手に蹴り渡す…



蹴鞠 その3

2020年06月24日 (水)

日本の蹴鞠は、地面で鞠を蹴るパスゲーム形式と前回述べました。 大陸経由の激しいボールの争奪や、打ち込むボールゲームがある一方で、東アジアや東南アジア文化圏では、古来何かを蹴る遊び(キッキングゲーム)が盛んでした。長く蹴り…



蹴鞠 その2

2020年06月19日 (金)

中国の唐の時代には騎馬による打毬が盛んで、歴代の皇帝が好んだことがよく知られています。女子もプレーを楽しみました。俑にその姿が残っています。 日本でも毬杖(ぎっちょう)や、打毬はありますが、広く普及したのは馬に騎乗せず、…



蹴鞠 その1

2020年06月09日 (火)

新型コロナウィルス感染拡大を予防するため、開催を延期しておりました創立90周年記念特別展「スポーツの歴史と文化」がいよいよ6月10日(水)より開幕いたします。 現代のように新記録と勝利を競うグローバル化したスポーツだけで…



ボールを手に入れたあなたは幸運です

2020年05月28日 (木)

サッカーやラグビーなどに代表されるボールゲームは、はるか昔から世界各地でおこなわれてきました。サッカーは、比較的難しいルールが少なくてわかりやすく、だれにでも取り組みやすいために、世界中で人気の高いスポーツになっています…



サッカーとラグビーの元は同じ

2020年05月21日 (木)

イギリスでフットボールとしておこなわれていたスポーツが、サッカーとラグビーに分裂します。ボールに手を触れてはならないというルールにしたのがサッカー、ボールを手に持ってもいいとしたのがラグビーです。 ラグビーという名前は、…



スポーツの交流と貢献

2020年05月14日 (木)

当館を創設した天理教二代真柱中山正善は、戦後の1955年、天理大学に体育学部を開設します。西日本の大学では最も早い時期でした。   中山は、自身がスポーツを愛好するだけでなく、継続的に国内外のスポーツ振興に力を…



柔道がオリンピック正式競技に採用されたのは

2020年05月07日 (木)

今日「柔道」と呼ばれるものは、1882年に嘉納治五郎によって始められたものです。嘉納は従来あった「柔術」の危険な技を排除し、心身を鍛練する技として整備しました。 嘉納は柔道を世界中に広めることに積極的で、理論を整え、外国…



祈!悪疫退散「赤鍾馗」

2020年05月01日 (金)

1年で最も過ごしやすい季節、端午の節句がまもなくやってきます。   しかし、元々、端午の節句は旧暦でおこなわれましたので梅雨のじめじめした季節のものでした。悪い病が流行するのを防ぐために、野に出て薬狩りをして、…



天理スポーツ

2020年04月27日 (月)

創立90周年特別展「スポーツの歴史と文化」は本年夏に開催が予定されていた東京オリンピック・パラリンピック大会を応援する意味もあります。残念ながらオリンピックは来年7月に開催延期が決定されましたが、その気持ちに変わりはあり…



ページの先頭へ