ブログ布留川のほとりから

博物館実習

2019年09月18日 (水)

当館は天理大学附属施設として天理大学で学ぶ学生の「博物館実習」を受け入れています。   博物館に勤務する専門職員を「学芸員」といい、資料の収集、調査、展示業務をおこないます。 「学芸員」は博物館法に定められた国…



「祈りの考古学」展 閉幕しました

2019年09月12日 (木)

第84回企画展「祈りの考古学―土偶・銅鐸・古墳時代のまつり―」は、おかげさまで9月9日(月)に無事閉幕しました。大勢の方にご来館頂き、大変ありがとうございました。 展示会場前の「あなたのお願い事をかいてみよう」コーナーに…



「祈りの考古学」展-銅鐸のルーツを展示中-

2019年08月07日 (水)

弥生時代に稲作が大陸から伝わったとき、農耕のまつりも一緒に伝わりました。 銅鐸は農耕のまつりの重要な道具として発達しました。当初は内部にぶら下げた舌(ぜつ)と呼ばれる棒が銅鐸の内面の突帯(とったい)にあたって音を出してい…



天理市教育委員会初任者研修 in 天理参考館

2019年08月07日 (水)

8月5日、天理市教育委員会主催の初任者研修が、「博物館で学ぶ」をテーマに当館で実施され、天理市内の幼稚園、小学校、中学校の新任の先生方14名が来館されました。 当館学芸員の解説を熱心に聞きながら、常設展示室と企画展「祈り…



「祈りの考古学」展-奇怪な容貌の遮光器土偶と手のひらサイズのX字形土偶-

2019年08月06日 (火)

今回の企画展「祈りの考古学―土偶・銅鐸・古墳時代のまつり―」では展示室に入った最初の展示ケースで土面と遮光器土偶がみなさんをお迎えしています。   縄文時代晩期の遮光器土偶は横長の目が顔の大半を占めていて奇怪な…



古代の首飾りを作ろう!

2019年08月05日 (月)

8月11日の日曜日に、天理駅前広場コフフン南団体待合所で、午後1時30分から3時まで、「駅前出前博物館 古代の首飾りを作ろう!」を行います。   これは文化庁の地域の博物館を中核としたクラスター形成事業の一環と…



こどもおぢばがえりイベント開催中!

2019年07月31日 (水)

天理教こどもおぢばがえりが7月26日(金)より始まりました。当館では、この期間にこどもおぢばがえりイベントとして、「かぶとを着てみよう!」、「折り紙で遊ぼう!」、「世界のおもちゃで遊ぼう!」、「ぶんぶんごまを作ろう!」を…



蚊帳を展示しています

2019年07月29日 (月)

天理教こどもおぢばがえりが始まり、天理市内は賑わいを見せています。 また、強い日射しの夏空が広がっています。 2階常設展示室民家ステージに蚊帳(かや)を吊りました。   蚊帳に入ったことはありますか? 蚊帳は蚊…



「関西考古学の日2019」スタンプラリーを実施しています!

2019年07月26日 (金)

「関西考古学の日」は発掘調査の成果を地域の皆さんに知っていただくことを目的に関西圏の埋蔵文化財センターが中心となって始まったイベントです。   今年も7月から11月までの5ヶ月間にわたってスタンプラリーを実施す…



最初のキップ

2019年07月25日 (木)

当館では充実した世界の生活文化資料や考古美術資料を収蔵・展示していますが、その中でも少し特殊な資料群として、鉄道を中心とした交通文化資料があります。特に明治5年に日本で初めて鉄道営業が始まった新橋横浜間の乗車券は非常に貴…



ページの先頭へ