ブログ布留川のほとりから

お洒落は「平等」で「自由」 ~ おしゃれ話その2

2022年01月26日 (水)

江戸時代は身分制社会で、立場によって髪形は規定されていますが、身分の上下なく髪を飾ることができました。幕府は庶民が高価な材料を用いることは禁じますが、櫛を髪に挿すこと自体を認めないわけではありません。飾り櫛には当然ながら…



ヴィクトリア女王にも影響を与えた?日本女性のお洒落 ~ おしゃれ話その1

2022年01月18日 (火)

現在開催中の第88回企画展「きれいになりたい-櫛・簪・笄とお洒落- 初公開 百助コレクション」は、女性のお洒落観に着目して、日本の髪飾りを展示しています。今回から数回に分けて、企画展に関連して“お洒落”をテーマに紹介して…



第88回企画展開幕しました!

2022年01月05日 (水)

新春1月5日、慶事に良いとされる友引の今日、第88回企画展が開幕いたしました。「きれいになりたい」をテーマに櫛・簪・笄を100点余りご紹介いたします。さらに本日は二十四節気の小寒にあたります。そのむかし、紅の発売日は大寒…



奈良育英高等学校2年生が参考館を見学

2021年11月12日 (金)

天理大学は、高等学校と大学の連携事業の一環として、キャンパス見学を開催しています。先日は、奈良育英高等学校2年生と引率の先生方が来校しました。   午前中は外国語、臨床心理、歴史文化、体育、医療の分野に分かれて…



トーク・サンコーカン「軌道法で始まった関西私鉄の誕生物語」

2021年09月27日 (月)

毎日の生活で移動する際、小回りのきく車や、長距離を短時間で動ける飛行機はとても便利ですが、エコで多くの人・物を安定的に運べる鉄道が重要な交通手段であることは言うまでもないでしょう。   現在は、民営化されたJR…



博物館実習

2021年09月17日 (金)

当館は大学附属施設として、天理大学で学ぶ学生に加えて、他大学からも博物館実習生を受け入れています。 博物館で働く専門職員を「学芸員」といい、資料の収集、調査、展示業務を行います。学芸員は法律で定められた資格で、大学や通信…



次回企画展は「物部氏の古墳 杣之内古墳群」

2021年06月16日 (水)

第86回企画展「器にみるアンデス世界―ペルー北部地域編―」が6月14日(月)に閉幕しました。コロナ禍での開催でありましたが、感染防止対策を講じて講演会も無事に開催することができました。ご来館くださった皆様のご協力に感謝い…



第86回企画展「器にみるアンデス世界 ―ペルー北部地域編―」月の聖獣

2021年06月09日 (水)

早いもので、本展も残すところ一週間となりました。 そこで最後に「月の聖獣」についてご紹介したいと思います。すでに5月28日の当館Twitterにもアップしていますので、併せてご覧ください!   月の聖獣は、ペルー北海岸の…



第86回企画展「器にみるアンデス世界 ―ペルー北部地域編―」III部:笛吹ボ...

2021年06月02日 (水)

本展のIII部では、器体に液体を入れて揺り動かすことで音を鳴らす笛吹ボトルを展示しています。   笛吹ボトルには、空洞の球に孔が1つあけられた「笛玉」と呼ばれる構造があります。さらに通風ダクトの役目をする筒状の部品を取り…



第86回企画展「器にみるアンデス世界 ―ペルー北部地域編―」 II部:消費、...

2021年05月31日 (月)

本展のII部では、「階段と渦巻きの神殿(テンプロ・デ・エスカレーラ・イ・オラ)と人身供犠」と題して、関連する資料をまとめて展示しているスペースがあります。   クリーム地に赤あるいは茶褐色の顔料でモチーフを描いたモチェ文…



ページの先頭へ