特別展・企画展

第91回企画展「二度見する造形―古代の焼物から―」


91st Feature Exhibition
Plastic Arts which Make You Do a Double Take : Ancient Pottery Collection

当館所蔵の古代の焼物から、つい「二度見」したくなるような造形を選び、展示します。
現在の私たちから時間的にも空間的にもかけ離れて行くにつれて、違和や異質さを感じるようになります。しかし、近い地域であっても改めて見てみると、おもしろいと感じるものも少なからずあります。
造形美を楽しんでいただくとともに、その背景にある世界観や情念に思いを馳せてもらえれば幸いです。

現代は高度な情報社会で、知りたい情報はすぐに手に入る時代です。しかし実態は次から次へと「流し見」しているだけではないでしょうか。ちょっと立ち止まって古代の造形を「二度見」してみませんか。

 

会期:2023年1月18日(水)~3月6日(月)

休館日:火曜日
時間:午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
入館料:大人500円・団体(20名以上)400円・小中高生300円 ※常設展示もご覧いただけます
会場:天理大学附属天理参考館 3階企画展示室 【交通アクセス
主催:天理大学附属天理参考館
後援:天理市・天理市教育委員会・歴史街道推進協議会

 

第91回企画展チラシ(ファイル名:91-chirashi.pdf ファイルサイズ:1.13MB)

 

関連イベント

●記念講演会
「古代の土器から見たオリエントと中南米の世界観」
 日時:2023年2月4日(土) 午後1時30分から午後3時
 講師:須藤 寛史氏(岡山市立オリエント美術館学芸員)
 会場:天理参考館 2階ホール
 定員:30名【事前申込制】受付開始2023年1月5日(木)午前9時30分~

●トーク・サンコーカン(講演会)
「古代の造形美術から見る人間精神―本館所蔵の焼物から―」
 日時:2023年1月20日(金) 午後1時30分から午後2時30分
 講師:巽 善信(当館副館長)
 会場:天理参考館 2階ホール
 定員:30名【事前申込制】受付開始2023年1月5日(木)午前9時30分~

「古代アンデスの土器づくり」
 日時:2023年2月23日(木・祝) 午後1時30分から午後2時30分
 講師:荒田 恵(当館学芸員)
 会場:天理参考館 2階ホール
 定員:30名【事前申込制】受付開始2023年2月1日(水)午前9時30分~

▷▷講演会申込み方法

・一組3名以内で以下のいずれかの方法でお申込みください。定員になり次第締切。

 メール san-info@sta.tenri-u.ac.jp

 FAX 0743-63-7721

 受付カウンターにて直接申込み

・記載内容:希望する講演会の日付「○月○日」「氏名・ふりがな」「住所」「電話番号(FAXでお申込みの方はFAX番号も記入)」※申込者全員の記載をしてください。

受付時間帯:平日 午前9時30分~午後3時(この時間帯以外の申込みは受け付けません)

●VRで壺を覗こう&笛吹きボトル模型で音を鳴らしてみよう
 日時:2023年1月27日(金)・2月10日(金) いずれも午後1時30分から午後3時30分
 会場:天理参考館 3階ロビー
※感染症対策を講じた上で先着順に体験していただきます。

 

ページの先頭へ