特別展・企画展

第83回企画展「華麗なるササン王朝―正倉院宝物の源流―」

3世紀に興り約400年もの間、現在のイランとイラクの大部分を支配していた帝国がササン朝ペルシアです。制作された文物はシルクロードをわたり、多大な影響を与えていきました。そして遠くは日本にももたらされているのです。正倉院宝…




第82回企画展「中国の風俗人形―近代以降の土人形と黄楊人形―」

20世紀前半につくられた中国の風俗人形(天津の工房「泥人張(ニィレンチャン)」の土人形、上海の土山湾孤児院で制作された黄楊(つげ)人形)、および圓平(えんぺい)人形を中心に展示します。 いずれも、農業・漁業、商売、遊戯・…




スポット展示 「五月人形」

端午の節句には、江戸時代から菖蒲太刀を飾り、幟を立てて男子誕生のお祝いと健やかな成長を願ってきました。現代は歴史上の英雄や芝居に登場する豪傑を人形にした「武者人形」よりも、鎧甲(よろいかぶと)の飾りが主流となっています。…




第81回企画展「大自然への敬意―北米先住民の伝統文化―」

現在、アメリカ合衆国とカナダが位置する北米の広大な領域には、かつて多様な文化を持つ先住民が大自然と共に暮らしていました。ヨーロッパ人との接触以降、幾多の困難な道程を経て、今では約460万人の先住民が多民族国家の一員となっ…




スポット展示 「雛人形」

今年は寒い日が続きましたが、立春を過ぎると桃の節句ですね。雛人形を飾ってお祝いするようになったのは江戸時代に入ってからです。立雛や豪華な段飾りの雛人形、木彫りの人形などさまざまな種類があります。当館では今年、昭和初期の木…




2018年新春展 「はれの日の装い 装身具の歴史」

日本の正月は、新年の気持ち新たに、晴れ着を着たりして迎える「はれの日」です。本展では「はれの日の装い」と題して、館蔵の日本考古美術品の中から身を飾る装身具を中心に約200点を展示します。 綺麗に見せるため、立派に見せるた…




特別展「天理図書館 古典の至宝 ―新善本叢書刊行記念―」

国宝 日本書紀 乾元本 乾元二年写

2015年4月から刊行が始まった新天理図書館善本叢書に収録される中から、重要文化財『古事記』(道果本)や国宝『日本書紀』(乾元本)などの国史古記録、国宝『類聚名義抄』(観智院本)などの古辞書、『源氏物語』(池田本)や室町…




第80回企画展「風とあそぶ―中国山東省の凧―」

凧(燕) 中国山東省 最大幅86cm

中国山東省の濰坊(いぼう)で制作された凧を中心に展示します。中国の凧は2000年以上の歴史があると言われています。現在も多くの凧が作られていますが、特に濰坊は中国を代表する凧の産地として有名です。今回は、鳥(燕、鷲、鶴な…




第79回企画展 「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」

玉覆面 西周時代

古代中国で死者を邪悪な存在から護るために墳墓に納められた品々を展示します。 古代中国の人々は、死後の世界とそこでの生活を想定し、生前世界とは異なった危険が存在すると考えていました。死後に魂や肉体を苦しめる邪鬼の類は大きな…




スポット展示 「五月人形」

端午の節句には男子誕生のお祝いと健やかな成長を願って五月人形を飾ります。現代は鎧甲(よろいかぶと)の飾りが主流ですが、昭和戦前までは歴史上の英雄や芝居に登場する豪傑を人形にした「武者人形」がよく飾られました。今年はどの武…




ページの先頭へ