特別展・企画展

第83回企画展「華麗なるササン王朝―正倉院宝物の源流―」


鍍金裸体婦人文銀八曲長杯(裏面)

3世紀に興り約400年もの間、現在のイランとイラクの大部分を支配していた帝国がササン朝ペルシアです。制作された文物はシルクロードをわたり、多大な影響を与えていきました。そして遠くは日本にももたらされているのです。正倉院宝物にはササン朝系文化が色濃く見られるものも少なくありません。
本展ではササン王朝の遺宝を通してその文化を紹介します。正倉院へと伝わる長い道のりとその悠久の歴史に思いを馳せていただければ幸いです。

 

◆会期:2018(平成30)年9月26日(水)~11月26日(月)
◆会場:当館3階企画展示室1・2
◆主催:天理大学附属天理参考館
◆後援:奈良県天理市、奈良県教育委員会、天理市教育委員会、読売新聞社、読売テレビ

 

ポスター

 

関連イベント

※入館券が必要です

○記念講演会①
「ササン朝ガラスの東方伝播」

日時:2018(平成30)年10月6日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:谷一 尚氏(林原美術館館長)
場所:当館研修室
定員:100名(当日先着順)

 

○記念講演会②
「正倉院宝物に見られるササン朝文化」

日時:2018(平成30)年11月3日(土・祝) 午後1時30分から午後3時
講師:米田 雄介氏(元宮内庁正倉院事務所長・古代学協会理事)
場所:当館研修室
定員:100名(当日先着順)

 

○トーク・サンコーカン(公開講演会)
第265回「ササン朝ペルシアの剣と冑」

日時:2018(平成30)年11月24日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:巽 善信(当館学芸員)
場所:当館研修室
定員:100名(当日先着順)

 

○ギャラリートーク(展示解説)
 日時:2018(平成30)年9月26日(水)・10月31日(水)・11月26日(月) いずれも午後1時30分から
 場所:当館3階企画展示室

 

ページの先頭へ