特別展・企画展

共同展「天理 山の辺の古墳」


黒塚古墳出土三角縁神獣鏡(重要文化財)[奈良県立橿原考古学研究所提供]

天理市の山の辺の道周辺には、天皇陵とされる大型前方後円墳をはじめ多くの古墳があります。
いくつかの古墳では発掘調査が行われて、古代史研究に欠かせない重要な資料が出土していますが、天理参考館や奈良県立橿原考古学研究所、天理市教育委員会などに分かれて収蔵されており、また多くの資料は通常公開されていません。
本展では普段離ればなれになっている天理市内の古墳出土品を厳選して一堂に会します。天理が誇る古墳文化をご覧ください。

 

◆会期:2021年2月6日(土)~3月15日(月)
◆会場:3階企画展示室1・2
◆主催:天理大学附属天理参考館・奈良県立橿原考古学研究所附属博物館・天理市教育委員会
◆後援:天理市・天理市観光協会・歴史街道推進協議会
◆協力:天理大学文学部歴史文化学科・埋蔵文化財天理教調査団

 

ページの先頭へ