各種イベント

記念講演会「大阪市と市内交通機関市営主義―モンロー主義の成立と終焉―」



第85回企画展「Osaka Metro開業1年「大阪市営交通114年の軌跡」関連イベント

 

講演概要

関一 元大阪市長(出典:国立国会図書館「近代日本人の肖像」)

大阪市は、市内の交通機関の経営を市が独占的に行うという「市営モンロー主義」を貫いてきたことが知られています。通説では市営電気軌道(市電)の開業時に成立したと考えられていますが、現在の大阪メトロにつながる市営地下鉄の創設に尽力した関一市長の事蹟にも触れながら、本講演ではこの考え方の起源を探ってみると同時に、それがいつまで継続していたのかを考えてみたいと思います。

 

日時:2019年11月30日(土) 午後1時30分から3時
講師:三木 理史氏(奈良大学文学部教授)
会場:当館研修室
定員:100名(当日先着順)
※入館券が必要です

ページの先頭へ