各種イベント

記念講演会「中国考古資料に表現された神仙世界」



第90回企画展「館蔵資料から見る 神仙思想と道教」関連イベント

 

講演概要

青銅禽亀飾博山炉 中国 前漢時代 高さ22.8㎝

神仙思想は、不老長生の存在とされる仙人の実在を信じ、自らも超越者たる仙人になることを希求する古代中国の特色ともいえる思想です。不老長生の仙薬、神秘的な神仙という存在、仙人の住まう楽園など、魅力的で多様な思想が生み出されました。道教の源流の一つとしても欠かすことのできない要素です。
天理参考館が所蔵する中国考古美術資料を主に取り上げながら、そこに表現された不思議で興味深い世界を見ていきたいと思います。

 

日時:2022年7月16日(土) 午後1時30分から午後2時30分
講師:青木 智史氏(奈良教育大学准教授)
会場:天理参考館2階ホール
定員:30名【事前申込み制】
※入館券が必要です。

 

【記念講演会 申込み方法】
受付開始:2022年7月1日(金)午前9時30分~定員になり次第締切。
・一組3名以内で以下のいずれかの方法でお申込みください。

 メール san-info@sta.tenri-u.ac.jp

 FAX 0743-63-7721

 受付カウンターにて直接申込み

・記載内容:希望する講演会の日付「7月16日」「氏名・ふりがな」「住所」「電話番号(FAXでお申込みの方はFAX番号も記入)」※申込者全員の記載をしてください。

・受付時間帯:平日 午前9時30分~午後3時

ページの先頭へ