各種イベント

長月講座「縄文土器を読み解く」(全3回)



各地の博物館に展示されている縄文土器を見ると、形や文様などが一見して後の時代の土器や焼き物とは異なり、どこか違和感をもつ方もおられるでしょう。
縄文土器には独特な製作方法があり、特異な器の形や見慣れない意匠を配した文様がみられ、一方で時空を超えた複雑な繋がりと変容も認められます。
本講座では3回にわたって土器の見方を解説し、様々な観点から縄文土器を解剖し、その特徴と実態を明らかにします。

 

第1講「縄文土器研究の始まりと土器の起源」

2022年9月2日(金)

明治10年東京帝国大学に招聘されたモースによる大森貝塚の発掘調査以降、縄文土器研究はどう進められてきたのか、また縄文土器の出現の経緯についても探ります。

第2講「縄文土器の製作と文様の特徴」

2022年9月9日(金)

縄文土器の製作方法にはどんな特徴があるのか、その独特な形や複雑な文様はどう描かれ、また何を意味しているのかを考えます。

第3講「縄文土器の型式と系統」

2022年9月16日(金)

千差万別にみえる縄文土器も、実際には地域と時代によってそれぞれ特徴があります。型式と呼ばれる共通する特徴とは何か、また系統的に変化する土器の移り変わりにも注目します。

 

縄文土器(注口土器:秋田・藤株出土)当館所蔵

時間:いずれも午後1時30分から2時30分
講師:松田 真一(当館特別顧問)
会場:2階ホール
定員:各回30名【事前申込制】

※入館券が必要です。

 

【長月講座 申込み方法】
受付開始:2022年8月22日(月)午前9時30分~定員になり次第締切。
・一組3名以内でお申し込み下さい。

・以下のいずれかの方法でお申込みください。

 メール san-info@sta.tenri-u.ac.jp

 FAX 0743-63-7721

 受付カウンターにて直接申込み

・記載内容:希望する講演会の日付「9月2日・9日・16日」もしくは「9月○日」(1回のみ参加の場合)「氏名・ふりがな」「住所」「電話番号(FAXでお申込みの方はFAX番号も記入)」※申込者全員の記載をしてください。

受付時間帯:平日 午前9時30分~午後3時(この時間帯以外の申込みは受け付けません)

ページの先頭へ