学芸員

海外民族室

名前
荒田 恵 ARATA Megumi
所属
海外民族室
担当
アメリカス、アフリカ、東南アジア
専門分野
アンデス考古学
所属学会
古代アメリカ学会
主な実績

【論文等】

  • (雑文)「失われた文明Ⅱ 中南米」『地球の歩き方特別編集 入門 おとなの世界遺産ドリル』 2006年 21-24頁
  • (雑文)「クントゥル・ワシ博物館 ―日本アンデス調査団の奮闘記―」『阡陵』関西大学博物館彙報 2007年 14-15頁
  • (報告書)荒田 恵、加藤泰建「クントゥル・ワシ神殿と道具・工芸品 -第一テラスおよび南西テラス出土遺物の分析-」『先史アンデス社会の文明形成プロセス 平成14-18年度科学研究費補助金〔基盤研究(S)〕研究成果報告書』 2007年 125-157頁
  • (雑文)「パコパンパ遺跡 整理作業だより」『チャスキ』第39号 2009年 7-9頁
  • (雑文)「遺跡調査と現地社会」『月刊みんぱく』第34巻 第5号 2010年 7頁
  • (調査速報)荒田 恵、関 雄二、フアン・パブロ・ビジャヌエバ、マウロ・オルドーニェス、ディアナ・アレマン、ダニエル・モラーレス「ペルー北部、パコパンパ遺跡出土遺物分析概報(2007‐2010) -神殿における製作活動および儀礼活動についての一考察-」〈調査速報〉 『古代アメリカ』第13号 2010年 73-94頁
  • (報告書)“Excavaciones en la Tercera plataforma –Sector A”, en: Yuji Seki y Daniel Morales (eds.), Informe Final del Proyecto Arqueológico Pacopampa (Temporada2010), 2011, pp.43-48
  • (報告書)“Excavaciones en el Sector A”, en: Yuji Seki y Daniel Morales (eds.), Informe Final del Proyecto Arqueológico Pacopampa (Temporada2011), 2012, pp.49-65
  • (著書)「パコパンパ遺跡における生産、消費そして廃棄 -石器・骨角器・土製品・金属器の分析から」関 雄二編『アンデス文明 神殿から読み取る権力の世界』 臨川書店 2017年 133-159頁
  • (著書)荒田 恵、清水正明、清水マリナ「パコパンパ遺跡における冶金 -形成期の祭祀遺跡でおこった技術革新」関 雄二編『アンデス文明 神殿から読み取る権力の世界』 臨川書店 2017年 161-189頁

【口頭発表】

  • 荒田 恵、西澤弘恵「クントゥル・ワシ遺跡出土遺物の整理作業中間報告 -石器、骨角貝器、土製品、金属器について-」 古代アメリカ学会 於/早稲田大学戸山キャンパス 2005年
  • 「ペルー、パコパンパ遺跡出土遺物の分析概報 -石器・骨角器・土製品・金属器-」 古代アメリカ学会第 於/国立民族学博物館 2007年
  • Megumi ARATA “Avances en el estudio de la Producción de los Objetos en Pacopampa”, XVI CONGRESO PERUANO DEL HOMBRE Y LA CULTURA ANDINA Y AMAZÓNICA “JULIO CÉSAR TELLO ROJAS”, Universidad Nacional Mayor de SanMarcos, Lima, 2009
  • 「形成期、パコパンパ遺跡における冶金 -銅製錬および金製錬と銅製品・金製品の製作-」古代アメリカ学会 於/国立民族学博物館 2012年
  • 荒田 恵、関 雄二、ファン・パブロ・ビジャヌエバ、ディアナ・アレマン、マウロ・オルドーニェス、ダニエル・モラーレス「パコパンパ遺跡における儀礼的廃棄 -饗宴儀礼共伴資料の分析を中心に-」 古代アメリカ学会 於/茨城大学水戸キャンパス 2017年
  • 荒田 恵、関 雄二、フアン・パブロ・ビジャヌエバ、 ディアナ・アレマン、マウロ・オルドーニェス、ダニエル・モラーレス「パコパンパ遺跡における土器以外の人工遺物の時期変遷」 古代アメリカ学会 於/専修大学生田キャンパス 2018年
  • 「アンデスの古代文化 -最初のアメリカ人からインカ帝国までー」 若越城の会講演会 於/敦賀市立図書館 2019年
メッセージ
当館の海外民族室では、アジア、アメリカス、ヨーロッパやアフリカなど幅広い地域の民族資料を担当しております。私の専門分野はアンデス考古学ですが、これからはアメリカスの他にアフリカや東南アジアの民族資料も担当させていただきます。
常設展示では中国、台湾、朝鮮半島、東南アジア、インド、メソアメリカおよびパプアニューギニアの民族資料が展示されており、当時あるいは現代の人々の暮らしぶりを知ったり、彼らの信仰を垣間見たりすることができます。また、多様な地域の民族資料がもっている迫力や魅力を肌で感じていただくこともできます。そして、このような民族資料を通して、それらをつくり、使った人々の心に触れていただけたらと思っております。近年、世界的に自国中心主義の風潮が強くなっておりますが、このようなご時世だからこそ当館に足を運んでいただいて、文化の多様性について考えるきっかけにしていただけたら幸いです。
ページの先頭へ