トークサンコーカン

第287回 トークサンコーカン

「軌道法で始まった関西私鉄の誕生物語」



※新型コロナウィルス感染防止対策につき、講演時間を短縮し定員を減らして開催いたします。

日時/2021年9月30日(木) 午後1時30分から午後2時15分

講師/乾 誠二 当館学芸員

場所/2階ホール【要入館券】

定員/30名【事前申込制】受付開始:2021年9月1日(水)午前9時~

 

電車絵葉書 箕面有馬電車(現阪急電鉄) 明治43年

[講演内容]

阪神電気鉄道、阪急電鉄、京阪電気鉄道、近畿日本鉄道、そして日本最古の純民間資本による阪堺鉄道をルーツに持つ南海電気鉄道の関西大手電鉄5社は、住宅開発やレジャー施設運営など沿線開発にも注力し、関西は「私鉄王国」と呼ばれるようになりました。
当初蒸気機関車による運行を行っていた南海をのぞく4社は、明治末から昭和初期にかけて軌道条例・軌道法という、言わば路面電車の法規に準拠して、最新鋭の電車による高速営業を開始しました。本講ではそれら4社の草創期について収蔵資料を交えながら紹介いたします。

 

【トーク・サンコーカン申込み方法】
受付開始:2021年9月1日(水)午前9時~定員になり次第締切。
・一組3名以内でお申し込み下さい。
・申込み方法:以下のいずれかの方法でお申込みください。

 メール san-info@sta.tenri-u.ac.jp

 FAX 0743-63-7721

 直接来館(受付カウンターにて申込み)

・記載内容:希望する講演会の日付「9月30日」「氏名・ふりがな」「住所」「電話番号(FAXでお申込みの方はFAX番号も記入)」※申込者全員の記載をしてください。

受付時間帯:平日 午前9時~午後3時(この時間帯以外の申込みは受け付けません)

ページの先頭へ