特別展・企画展

第80回企画展「風とあそぶ―中国山東省の凧―」


凧(燕) 中国山東省 最大幅86cm

凧(燕) 中国山東省 最大幅86cm

中国山東省の濰坊(いぼう)で制作された凧を中心に展示します。中国の凧は2000年以上の歴史があると言われています。現在も多くの凧が作られていますが、特に濰坊は中国を代表する凧の産地として有名です。今回は、鳥(燕、鷲、鶴など)、昆虫(チョウ、トンボ、セミなど)、動物(虎など)等の珍しい形をした凧のほか、たくさんの凧を連結させて揚げる巨大な「龍頭ムカデ凧」(全長数十メートル)も展示します。賑やかで、お子様も気軽に楽しめる展覧会です。

 

◆会期:2017(平成29)年7月5日(水)~9月4日(月)
◆会場:当館3階企画展示室1・2
◆主催:天理大学附属天理参考館
◆後援:奈良県天理市、奈良県教育委員会、天理市教育委員会、朝日新聞社
◆協力:日本の凧の会 大阪

 

チラシ

 

関連イベント

トーク・サンコーカン(公開講演会)
第254回「中国凧の魅力―山東省の資料を中心に―」

日時:2017(平成29)年7月22日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:中尾 徳仁(当館学芸員)
場所:当館研修室
受講料:入館料のみで受講できます
定員:100名(当日先着順)

 

ワークショップ
「凧を作ろう」

日時:2017(平成29)年8月5日(土) 午後1時30分から午後3時
講師:中尾 徳仁(当館学芸員)
場所:当館研修室
参加料:500円
定員:10名(要事前申込み・小学校低学年以下は保護者同伴)

 

ギャラリートーク(展示解説)
日時:2017(平成29)年7月25日(火)、8月7日(月)、8月25日(金)いずれも午後1時30分から
場所:当館3階企画展示室

※ギャラリートーク終了後、担当学芸員が屋外にて凧揚げを行います。見学を希望される方は自由にご参加ください。(但し天候により中止することがあります)
※学芸員が凧を揚げるイベントは上記以外の日にも適宜実施します。開始時間は当日の館内放送にてお知らせします。

ページの先頭へ