各種イベント

講演会II「イスラエルの考古学―過去と現在―」



スポット展示 「イスラエルのテル・ゼロール遺跡」関連イベント

 

講演概要
Tel-Zeror_kouen_2

欧米の考古学者がイスラエルで競って発掘したことで、近代的な考古学手法が確立しました。それが日本の考古学にも大きく影響を与えています。
イスラエル考古学がなし得た成果とその現状を紹介します。

 

日時:2016(平成28)年6月24日(金) 午後1時30分から3時
講師:桑原久男氏(天理大学教授)
会場:当館研修室
受講料:入館料のみで受講できます(大人400円)
定員:100名(当日先着順)

チラシ

ページの先頭へ