常設展

世界の考古美術

17 オリエント

17-1オリエントとは「日の昇るところ」という意味で、古代ローマ人が東方にある先進文明の地を指して呼んだ言葉である。インダス河以西より地中海にいたる、西アジアとエジプトを含めた地域にあたり、世界四大文明のうちメソポタミア・エジプトの両文明が発祥している。115件120点展示。
ページの先頭へ