各種イベント

現代の匠による綿打ち実演と綿のお話「綿に親しむ」

内容 保温性・吸湿性に優れた綿。 綿打ちから手作りでふとんを製作されている「丹羽ふとん店」四代目・丹羽正行氏が、綿の話をまじえながら綿打ち実演を行います。伝統技術の匠の技をぜひご覧ください。   日時:2018…




記念講演会「二次元・三次元で中国の文献を”読む”、”見る”」

第82回企画展「中国の風俗人形―近代以降の土人形と黄楊人形―」関連イベント   講演概要 歴史を学ぶものが第一にすべきことは、歴史史料を「読む」ことである。しかし、モノの名前など、文法的には読めても、具体的なイ…




記念講演会「米国南西部先住民ホピと天理参考館所蔵資料との“再会”」

第81回企画展「大自然への敬意―北米先住民の伝統文化―」関連イベント   講演概要 天理大学附属天理参考館は1930年代の創設以来資料収集活動を続けていて、現在の収蔵点数は約30万点です。北米の民族資料総数は6…




ガムラン・クラシックギターコンサート―音色で巡る世界の旅4―

ワークショップ バリガムラン体験講座・クラシックギター講座 合同成果発表会   当館にて開催しているワークショップ「バリガムラン体験講座」と「クラシックギター講座」の受講生がこれまでの練習の成果を発表いたします…




日本西アジア考古学会第22回(2017年度)総会・大会

開催概要 日本西アジア考古学会第22回(2017年度)総会・大会が、7月1日(土)・2日(日)に天理大学杣之内キャンパスを会場に開催されます。 「モニュメントと古代社会」と題した記念セッションでは、エジプトのピラミッドや…




平成29年度 文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業「天理山の辺の...

yamanobe_3

  古墳などの古代遺跡に恵まれた天理市。最古の道といわれる山の辺の道と天理市域の歴史を学ぶ機会として、天理大学附属天理参考館を拠点に、展示、クイズ、連続講座、歴史ウォークなどを実施します。   ◆主催…




記念講演会『文化的視点から考える死生観における「障り」と「癒やし」』

タージマハル廟 17世紀

第79回企画展「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」関連イベント   講演概要 文化の根底に存在するのは、生死の解釈としての「食」と「宗教」ではないかと思います。生を支えるための自然に対する積極的取り組みが「この…




関連講演会「古代中国の冥界観と神仙世界を探る」

彩画神人怪獣空塼 前漢時代

第79回企画展「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」関連イベント   講演概要 第79回企画展「墳墓の護り手―鎮め護り彩る品々―」の展示品は、そのほとんどが古代中国のお墓の副葬品(ふくそうひん)となっています。そ…




ガムラン・クラシックギターコンサート-音色で巡る世界の旅3 -

チラシ

ワークショップバリガムラン体験講座・クラシックギター講座 合同成果発表会   当館にて開催しておりますワークショップ「バリガムラン体験講座」と「クラシックギター講座」の受講生がこれまでの練習の成果を発表いたしま…




早春講座「天界へのかけはし」(全3回)

霊魂の舟 インドネシア、パプア州(ニューギニア島)

古代社会やアジア太平洋地域の民族社会では、神々の世界(異界)が実際に存在すると信じられていました。死者の霊魂の赴く先も天界や地界にあるとされた神々の世界でした。神々や霊魂が、異界と現世を往来する際、どのような手段がとられ…




ページの先頭へ